臭いの原因になるアポクリン腺

アポクリン腺は、脇の下、へその周り、性器、肛門の周囲など、体の一部にだけ分布しています。
エクリン腺は非常に微小ですが、アポクリン腺は目に見えるほど大きく、毛穴と出口を共有していて、思春期には直径2~3mmほどの大きさになります。
やや粘り気のある汗が出て、塩分をほとんど含まないので、人の皮膚に存在する常在菌が繁殖しやすく、その発酵臭が体臭の原因になったりします。

脇汗をかくことが多い人といいますのは、エクリン腺からの発汗が盛んな人です。このエクリン腺から発散される汗の目的は体温の調節であって、透明だけじゃなく無臭なのです。
体臭と呼ばれるものは、体から自然に出てくる臭いのことです。メインとなる原因として、食生活の悪化と加齢が言われます。体臭が気掛かりな方は、その原因を明確にすることが必要です。
加齢臭を発していると思われる部分は、十分に綺麗にすることが必要不可欠になります。加齢臭を引き起こすノネナールが残ることがないように洗うことが一番の大切になります。
家族でも打ち明けることが困難なデリケートゾーンの臭いに関する苦悩。産婦人科医が開発に携わった消臭アイテム“インクリア”を利用するとかボディソープ自体をデリケートエリア用に製造販売されているジャムウソープに変更するなど、工夫したら抑えることができるでしょう。
デオドラントクリームというものは、実際は臭いそのものを中和してくれるものが多いという現状ですが、例外的なものとして、制汗効果も狙えるものがあるようです。
口臭と呼ばれるものは、あなたご自身ではよくわからないですが、近くにいる人が、その口臭のせいで気分を害しているということが考えられます。常々マナーとして、口臭対策はすべきだと思います。
人と話した時に、不快感を覚える理由で、最も目立ったのが口臭なんだそうです。重要だと考えている交友関係を台無しにしないためにも、口臭対策は不可欠だと言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする